住まい情報ブログ

カテゴリ
アーカイブ

自然の力を上手に活用。夏場を快適に過ごせる住宅づくりのポイント。

広報担当の橘です。( ´ ▽ ` )ノ

湿度が高く、厳しい猛暑に見舞われる日本の夏。

できることなら、なるべくエアコン等の家電に頼らず、涼しく快適に過ごしたいものです。先人の知恵も取り入れながら、住まいの空間設計を見直してみましょう。

夏の快適さを生む秘訣は、自然の風を室内に取り込むこと。

「日本の夏は暑い」といわれる原因のひとつが、高温多湿の気候。湿度が高いと体の周りに水分がとどまり、汗が蒸発しにくくなります。

そのため、体から熱が逃げにくくなり気温の割に体感温度を高く感じてしまうのです。逆に言えば、汗の蒸発を促すことで涼しさを感じられるようになるため、住まいの中に自然の風を取り込むことが重要になってきます。

特にじめじめとした梅雨期において、無風状態の空間には湿度がたまる一方。なるべく多くの空間に風を通して空気を動かすようにしましょう。

温故知新!かつての日本式住宅から学ぶ快適空間づくりのコツ。

夏に快適に過ごすための大きな秘訣は、風を居住空間に導くこと。また、家屋内にまんべんなく風を行き渡らせることでよりいっそう調温効果が高まります。

そのような自然のしくみを考えた時に参考になるのが、日本の伝統的な住宅のつくりです。

大きな空間を可変式のふすまや障子で仕切るフレキシブルな構造は、夏場にもってこい。仕切りを外すことで外との空間的なつながりを生み、風を家じゅうに呼び込むことができたからです。

日本の住まいは戦後急速に西洋化しましたが、その大きな特徴が西洋の「個」の文化にともなう個室の存在です。ひとりひとりのプライバシーが守られるというメリットはあるものの、反面、空間を極度に仕切ってしまうため空気の流れを遮断する構造ともいえます。

よって、夏場の過ごしやすさを考えると、間取りづくりにおいてできるだけ大空間を確保するとともに引き戸を採用することが有効な手立てといえます。昨今、日本の新築住宅のトレンドは解放感のある大空間を中心とし、仕切りをなるべく作らない方向に向かっています。

住まいの考え方がひと回りしているといえるのかもしれませんね。

季節にあわせて、過ごす場所を移して快適に。

住まいの中で、1年を通して温度や湿度がちょうどよい場所を作るのは容易なことではありません。

床材の素材の性質や日光の入り具合を計算して、夏場に涼しく過ごせる場所を確保しておくのもテクニックのひとつ。

例えば、畳の部屋とフローリングの部屋があるとして、リビングとダイニングの位置を固定せず、季節にあわせて使い分けるのです。

あるいは、冬は南に大きな窓がある畳スペースで過ごし、夏は暑さを避けて東側に窓のあるフローリングの部屋で過ごすといった具合に自分が居る場所を移していく方法もあります。

こんな風に自然の力を借りることで、家電への依存をおさえ、エコで快適な暮らしに一歩近付けることでしょう。

しっかりとした夏対策で、暑い日々を乗り切りましょう!

夏の暑さ対策は、まず湿気対策と心得ましょう。

私たちが「暑い」と感じる要因の多くは湿度の高さに起因しているため、住まいの通気性を高めることが第一です。

また、フローリング材の性質を生かし、夏に過ごす場所をあらかじめ確保しておくのもオススメです。自然の力も上手に活用して、夏を乗り切りましょう!

他の記事

「お問い合わせ/無料相談会」受付中!

Copyright (C) 2018 Asuka, All Rights Reserverd.