住まい情報ブログ

カテゴリ
アーカイブ

マイホーム購入のターニングポイントは、ズバリ30代です!

ライフステージにおいて、結婚や出産を経験する人が多い30代は、賃貸から一戸建てを考える人が増える年代でもあります。

実際、ユニバーサルホーム伊予西条店でも「子どもの成長にともない、賃貸物件が手狭になったからマイホームを」というお客様の声をよく耳にします。

そこで今回は、30代でマイホームを持つことのメリット、そして注意していただきたい点についてもご紹介します。

30代で一戸建てを購入する、その理由とは?

冒頭でも触れましたが、30代は子どもの妊娠や出産というライフステージの変化を受けて、周辺環境のいい場所に暮らしたい、家族のためにマイホームを、という人が増えてきます。

子どもが小学校に入学した後では、引っ越しや転校の可能性もあり、子どもの負担を考えても、小学校入学までにマイホームを実現する人が多い傾向にあります。

また、20代よりも勤務先や収入などが固まってくることも、30代に一戸建ての購入が多い理由の1つと言えるでしょう。

なぜ、30代がベストタイミングなのか?

30代に突入し、社会人として10年以上が経過すると、収入もある程度増えてきます。

また、一般的に転職しやすいのは30代前半まで。

20代は勤務先が変わったりと収入が安定しないこともあるかもしれませんが、30代後半になると勤務先が変わるケースも減り、収入の見込みも見据えやすくなります。

20代の頃より貯蓄額も増えているでしょうから、頭金として出せる額も確保でき、購入できる物件の価格が高くなります。

20代では手が届かなかった好条件の物件も、購入できるチャンスが広がりますよね。

収入の安定に加え、家族構成が固まってくる30代は、マイホーム購入を決断するにはまさにベストタイミングといえるのです。

住宅ローンの返済期間、逆算すると30代が◎

住宅ローンの借入期間は35年以内。

一般的にどの金融機関でも、完済時の年齢を80歳未満としています。

しかし、現実的に80歳までローンを支払い続けるのは厳しいですよね。

例えば40歳で35年ローンを組むと、75歳まで支払うことになります。

すでにリタイア後ですから、ある程度の繰り上げ返済をしなければ、老後の生活に支障をきたす恐れもあります。

住宅ローンを組む際には、このように逆算して考えることが重要です。

返済期間にもよりますが、60歳までに完済することを考えれば、返済期間を長くとることができる20代から30代前半がベターだと言えます。

返済期間を長くとると金利負担は増えますが、その分、月々の住宅ローンの負担を抑えることができるので、返済しながら無理なく生活できるというメリットがあります。

30代後半から住宅ローンを組む場合は、25年未満でローンを組むか、30年~35年で組んだ場合でも60歳までの完済に向けて、計画的な繰り上げ返済を考えていく必要があります。

頭金の用意や月々の住宅ローンの返済を考えても、30代は20代に比べて一戸建てを購入する環境が整い、安定して支払っていける年代と言えるのではないでしょうか。

住宅ローン金利や不動産価格も見極めて。

一戸建てを購入する際は、ライフステージによるタイミングだけでなく、不動産価格や住宅ローン金利、住宅ローン減税、消費税増税といった国の政策にも敏感にアンテナを張り巡らせておく必要があります。

住宅ローンは何十年と支払い続けるものですから、金利による総支払額の差はとても大きいですよね。

ですから、これらを踏まえた上で「買い時」を見極めましょう。

また、転勤や親の介護などでやむ終えず住み替える可能性もないとは言えませんから、資産価値の下がりにくい家を、不動産価格の下降局面で購入するのが有利です。

総合的な判断で、ベストタイミングを掴みましょう!

いかがでしたでしょうか。

マイホームを持つタイミングは人それぞれですが、結婚や出産、子どもの入学などのライフステージの変化だけでなく、様々な情勢を見極めた上での決断が必要となります。

マイホーム購入を検討しはじめたら、不動産価格や住宅ローン金利などのニュース、また不動産物件の情報はこまめにチェックしてみましょう!

他の記事

「お問い合わせ/無料相談会」受付中!

Copyright (C) 2018 Asuka, All Rights Reserverd.